back to top page

back blank top blank next

SUPERBEEHIVE

SUPERBEEHIVE

そういえば、もともとこのblog のために
flickrを始めた訳だから、
「過去flickrにUPしたイラストをエントリーしても良くね?」
とセコイことを思いついたのでUP。
このイラストは描いた当時から
60〜70年代のイギリスのファッションの資料を探していて、
その時に見た「ビーハイヴ」(「蜂の巣」の意?)という
ヘアスタイルを描いてみました。

これは今年(2006年)のはじめに描いたものですが、
なぜ今さらUPするかというと
これを買ったからなのですが、
髪飾りのモチーフの一つを、
リンクにあるイギリスのロックバンド、
ENGLANDの唯一のアルバム「GARDEN SHED」の
スリーヴアートワークから拝借しているのです。

買った当時(10年近く前)には
「なんでこのジャケットなんだろう?」って思っていましたが、
実はこれ、英国のマーマレード"Golden Shred"のパロディーなんですね。
こういったウイットに富んだユーモアがいかにも英国的で素晴らしいです。

音もYESとGENESISを合わせたような…というとアレですが、
ポップかつ叙情的で、
長い尺の曲もドラマティックな展開でグイグイ聴かせます。
所謂プログレッシヴ・ロックマニアのためだけの
ものにしておくには惜しいなあと思うんですけどね。
昨年再結成して今年来日していることも知っていたのですが、
CD出てたんですね。しかも結構充実した内容で驚きました。
久々に買ったCDですが、満足です^^

posted at 20061228 02:08 | permalink | comments (2)

comments

お初です。 なんとなく一番、目を引くイラストだったのでココに書き込みます。
まんまプロのイラストだよな~といたく感銘を受けました。自分自身、マンガ屋になりたくてポチョポチョ描いてたけど仕事にするのは無理だよねと諦めちゃいました。せめて趣味でも書き続けてたらよかったなぁ。(趣味と仕事に=は有り得るのだろうか?)その頃の自分を思い出しました。
今じゃ動物の絵を子供に描いて見せて自慢するぐらいかな(笑)
素敵な画風ですね。ずっと描き続けてくださいね。

commented by ギンジ 20070403 21:06 | permalink

◆ギンジさん
 ずっと放置で…ごめんなさい><
 書き込みありがとうございます!

 お子様に絵を描かれているなんて素敵じゃないですか!
 プロとして(ぼくはそうではないですが)絵を描くことより、
 人ひとりを感動させる絵を描く方が、ずっとずっと大切だと思います。

 >趣味を仕事に
 難しいですが、凄く深いレベルでは可能だと思います。
 職場もプライベートも、どちらも自分なのですから。
 ぼくは、「職場とプライベート」を分けられる人が羨ましいですが。。

 最後にありがとうございます。
 20年以上続けていることですし、これからもずっと続けます。
 今後ともよろしくお願いします!

commented by mitch 20070701 23:46 | permalink




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)